FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その男、人斬りにつき

衣擦れの音と、布団が体重でうなる音と

肉と肉がぶつかり合う音と、お互いの激しい息遣いが


精液に混じって部屋を満たしていた。



ゆらり、行燈が揺れる揺れる。






「あ、う…っ、あぁっ!」


「…っ!く、ぅあ…っ」




私の下の口は剣心をつかんで離さない、


そして彼もそのことに対して喜んでいるように


もう更に、激しく腰を振ってきた。




全神経が震え上がり

背筋がしびれる、この快感。



お互いの精液が交じり合う音が更にあおってしょうがない。




「あぁ…っ!!剣心…、あっ、あ んっ!」




ああもうどうしよう。


このままおかしくなってしまおうか。



( この性欲に溺れてしまいそう )






「…っ、う 瑠璃、瑠璃、…瑠璃!」


「あ、はぁっはぁっ、けんしん…っけんしん!」





お互いの名前を呼び合って 叫んで。


もっと奥へ 突き上げて。あなたのソレで。


この焦がれるほどの情熱を、吐き出したい


あなたの精液を体中で受け止めたい




ねぇ、お願いだから





「もっ、とぉ…っ!けんしん、おねがい…っ!こわし、てっ!」





あなたの腕の中で 壊れたい。


乱れたい。 これぞ、恐ろしい雌の欲望也。





「瑠璃…っ、瑠璃…!」





これでもかという程、脚を開かせられて


もう恥ずかしいも何もあったもんじゃない。


どちらの液かわからないのがそこ等中に飛散っていた。





「けんしん、すきっ!すきぃ…っ!!あ、あんっ」


「ああっ、瑠璃…俺もだ…俺も…っ、!」






愛を確かめて。朝になるまで離さないで。



余所見なんて、この私が許さないんだから。



薫さんじゃなくって 私を見て頂戴。





あなたを愛しているのはこの私。


あなたに愛されているのはこの私。







失神しちゃうほどの波が、押し寄せる。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する

やっちゃった…!!!ついにやってもうた!!
剣心夢しかも裏!!!
なにが、どこがエロイんだろう…
もうほんとこの小説バナナ!!
管理人 | URL | 2007/02/26/Mon 15:59 [EDIT]

Track Back
TB*URL

Copyright © ENJOY!!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。