FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリックひとつで救える命がある
スポンサーサイト
私が岸を離れる日 第二話:木の下影を宿として

「剣心。どうしたの、その子!!」



「いや、これは…その、深い訳があって…!」

















『…、巴?』




そう、彼が私に向かって呟いたのが


もしかしたら、始まりだったのかもしれない。






あの後、当然のごとく知り合って


勿論服装についても聴かれた。





『お主はどこかの良家のお嬢さんでござるか?』






その言葉に対して「違う」と否定して


事情を言ってみた。






そう、だってどうせ 信じてくれるわけが無かったから。






空には桜が揺れていた。









不振人物なのにも関わらず、




『行く当てが無いのなら、拙者の世話になっている道場へくるでござるよ』




当然のごとくいってのけたあなたに



( なぜそんなふうに言えるの ) と。









でも、嬉しかったから 今はそれに甘んじよう。


一人でいるより、誰かが居たほうが






きっと疲れずにすむんだろう…






























「…と、いうわけなんでござるよ」



「つまり天涯孤独の身の上に、遊郭から脱走したってワケ?

それで道で迷ってる彼女を見つけた剣心が連れて来た…と?」





これはでっちあげ。


だって未来から来たなんて、誰にでも話していい内容ではないからだ。






天蓋孤独の身っていうのもうそ。


遊郭の脱走ってのもうそ。


確かに道に迷ってたけど、少し事情が違う。





私はこの十字傷の男に頼るしかなかったのだ。


だって私、まだ名前を…言っていない……






何度も何度も、名前を言おうと思うのだけれど、



どうしてかしら。








言ってはいけないような気がした。





( だって十字傷さんったら、私のこと見て悲しいかおをするんだもん )



理由を聞いたら、野暮だって あなたは怒る??







……、今思えば どうして私、十字傷さんのことで 頭がいっぱいなんだろう…?











初対面の癖して、ぜんぜんそんな雰囲気ではなく。





どこか、生き別れた その先にたどり着いたような





どちらかが、置いて行かれた…悲しみがあるような





まっしろで、うす桃色の思い出のような

















( そんな出来事あるわけないのにね )






どこかで出会っている…ような気、がした。
















「理由が理由なんだし、仕方ないわよ。しばらくここに居てもいいから!

ここを自分の家だと思って使ってね?」





活発な少女の微笑みに気後れするも


私も負けじと、挨拶を。






「本当に、ありがとうございます。…お世話になります。」



「お、そうだった…拙者、おぬしの名前を聞きそびれたでござるよ…」






名は、なんと?











「……、雪代円…です」














赤い彼の空気が、凍りついた気がした。





Copyright © ENJOY!!!. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。